さとうさんちのなんにも片付かないブログ

さとうさんちの主に片付け奮闘日記。プラス子育て ダイエット インテリア 時々さとう物語

ミニマリストから学んだこと。こんな私にも捨て神さまと片付けの神さまが降りてきた。


こんにちわわ。古い

 

アンナチュラルの再放送を録画してみまくる、さとうです。普通の放送から1年くらいですかね

 

1年って早い

 

今年はイノシシ。

f:id:satosanchinoo:20190216010451j:image

 

それでは前回の続き

ミニマリストから学んだこと を
お送りいたします。

 

今よりもっともっと

片付けができなかったさとうにも

ゆるりまいさんのブログをきっかけに

捨て神さまと片付けの神さまが

舞い降りてきました。

 

ゆるりまいさんのブログだけではなく、
断捨離というコトバを世に出した
やましたひでこさん、トキメキで有名になられた
こんまりさんこと、近藤まりさん
他にも沢山のミニマリストの方々のブログで
実践してみてよかったなーを少し紹介。

 

 

実践してみてよかったなー①
袋分けして順番に片付けるといった方法

 

ゴミ袋でも良いです
1、衣類 2、書類 3、小物
この3種類に分けます

散らかりがまずなくなりますね。
掃除機をかけましょう。

そして簡単な衣類からやっていき時間がかかりそうな
小物や雑貨類を最後にやっつけるというもの。

さとうは衣類や小物はほとんど【捨て】にしたので
最後にやっつけたのは【書類】でした。

書類は大事な物かもしれないと
目を通さなければならず一番疲れました。

溜め込まなければいい話なのですがね。

さとうさんちでは捨てなければならない書類は
シュレッダーの所に置き、
夫さんがシュレッダーをかけてくれます。

昔はシュレッダーがすきで、すきで、すき~で~🎶
調子に乗ったさとうは詰まらして壊してしまいました。
ごめんねばーちゃん!未だに怖くて手を出せないでいます。

代わりにしてくれる夫さんに感謝です。

 

 

実践してみてよかったなー②

こんなもの読む前にひたすら片付ける

 

これは自分の判断でしたが
なんだかんだネットサーフィンしていると
時間を喰いますよね。

さとうの場合すぐ「読まなきゃ~」
「観てやる気出さなきゃ」と逃げていることが
多かったように思います

さぁ、ゴミ屋敷化しているそこのあなた。今すぐ
携帯を閉じてまず捨てれるものから捨ててみよう!
案外サクサク進みます テレビも消すのだ!
音楽は捗るけどたまに物思いにふけって
しなくなりますbyさとう ついでに歌っちゃう。

因みにどっかでB'zのウルトラソウルが良いと
読みました。ウルトラソウル!hi!で捨てると良さげ。

 

 

実践してみてよかったなー③

こんまり流トキメキと感謝

 

有名ですが一応。

 

ときめいた物はとっておく、
ときめかなかった物には
今までありがとうと感謝して別れを告げる

これは本当に素晴らしいです

捨てられない勿体ない精神の方にはオススメです。

なぜかというと

ただ捨てる=勿体ない ですが

感謝して別れを告げる=次のステップに繋がる

のです。

 

アメリカは信仰が多い国ということで
これが絶大なる効果を表したそう。

 

ありがとうと感謝をして別れを告げることが
物を断つということに繋がるというのはなんだか素敵。

 

さとうは700冊程本がありました。


本を捨てるだけは絶対に絶対にありえませんでした。

手に取って本を読むということが大切ということ、
本は財産、という親父殿の元で育ったからです。

 

でもお笑い芸人の平野ノラさんが
断捨離に目覚め、大事なことだけ、想い入れのある
ことだけノートに書き写し捨てた
というのをYouTubeで見てハッとさせられたのです

 

そこまではできないけど、
ここまで出来るひともいるという事実。
そうだ!ときめかない本いっぱいある!と
覚醒したさとう。もう見ない本、
子どもが将来勝手に見てしまっては
悪影響を及ぼすかもという本、
続きを買わなくなった本、300冊は手放しました。

まだまだですが、以前のさとうからすると
かなりのことでした。

 

勿体ない病精神のさとうなので
ただ破棄ということはせずブックオフに売りました。

これも勿体ない病精神の人には効果があるみたいで
ただ捨てるのはちょっとな という場合には
いっそ誰かにあげたり、メルカリやブックオフなどで
売るといいです。ただ捨てるより
勿体なくはないでしょう。


ブックオフは自宅まで取りにきてくれる
サービスがあるのでらくちんです🎶

 

さとうは現在買うまでいかないなと思うものは
電子で購入しています。以前は本をレンタルや
漫画喫茶などを利用していましたが、
行くのや返却が面倒になり電子に至りました。
少しは動けよ、さとう。


そういえば、本は財産という親父殿が
今じゃ電子で漫画を見てる事実には
驚かされました。捨ててはないそうですが。

 

お洋服も、同じようにトキメキでやって
最終的に誰かにあげるなり
売りに出してしまえばいいかなと思います
サイズアウトになった子ども服とかね。

 

結構売るのに取って置いたまま
そのままにしてしまいガチの方は多いでしょう

そういう方は思い切って捨ててしまいましょう。


大丈夫、トキメキがないものなのだから
なくなってしまえば場所が空いてスッキリですよ。

 

 

実践してみてよかったなー④

置き場を変えない

取りやすさを重視した整理整頓の仕方

 

これはここ、あれはここ、と絶対に変えないということ。

当たり前ができないさとうは
そんな当たり前のことが中々できません。

本当にだらしなく、本当にすぐ散らかります

今も色んな人を見て勉強させてもらっています。

 

これはここ、あれはここ 絶対に変えなければ
整理整頓は早いし散らかることもなくなりますよね。
その為には取りやすさを重視しましょう。

1やって2をやって3で取り出す にならないよう

1や2で取り出すことができるようにしています

 

前回載せたリビングクローゼット

f:id:satosanchinoo:20190216010751j:image

フタ付きの箱がいくつかありますが、
重くて開けるの面倒になるであろうさとうは
最低重ねても2つまでにしました。

 

余談、百均の店員さんに「つっかえ棒どこですか?」
と聞いたさとうを誰か許してやってください

 

下の段には大きい袋を百均で買って
ビニール袋を丸めてポイポイ入れています

f:id:satosanchinoo:20190216010717j:image

すぐ取れる!らくちん!

 

前は一々キレイに折って
一々箱に入れたりもしていました
おしゃんなミニマリストさんには多いのですが
ズボラーさとうは長く続きません

袋はすぐいっぱいになるし
すぐその辺にかさばっていました。

 

 

実践してみてよかったなー⑤

兎に角捨てる なくても生きてけいける


そう思ったら大概の物は捨てれます
さとうも少しだけできたように思います
うん、生きてる。ただし感謝を忘れずに。

 

まだまだ無くても生きていける物で埋もれながら
どの口が言っとんねんなさとうですが、
①〜⑤のやり方で散らかりは減りました。

どんだけ元々酷かったんだ。

まだまだたくさんのミニマリストの方から日々学んでいますが少し忘れてしまっているので今日はこの辺で。

 

兎に角実践しながら自分に合った方法を。

 

 

次回【油断した部屋 つまり汚部屋】

 

つづく。